個別指導塾の疑問を解決します

中学受験対策としての個別指導塾の料金目安

中学受験対策としての個別指導塾の料金目安 個別指導塾に通わせて中学受験を子供にさせたいと考えている親御さんにとって、どの程度料金がかかるのか気になりますよね。
そこで今回、個別指導塾の授業料に関してお話いたします。
まず、受験に備えていつから塾に通わせるよって値段は変わりますが、平均すると小学4年生ごろから塾に通わせ受験対策をする生徒が多いです。
月に4万程度はかかることが多いです。
そのため3年間にすると150万円はお金を払うことを認識しておいた方が良いでしょう。
さらに夏期講習や冬期講習と学校が長期の休みに入る場合、塾での授業数が増え通常の月謝よりも費用がかかってしまう傾向があります。
200万円程度は資金の準備をしておいた方が、これからの受験に備えることを考えると用意が必要です。
授業料金だけでなく、複数受験校を受ける場合には受験料、定期的にレベルを自分のレベルを確認するために受ける模試の費用などもかかりますので、塾選びをする際には受験トータルの費用を考慮して選ぶことをおすすめします。

個別指導塾の時間割にはサンドイッチ式と言われる方法がある

個別指導塾の時間割にはサンドイッチ式と言われる方法がある 個別指導塾では生徒一人ひとりの生活スタイルに合わせて、時間割が決められることが殆どです。
欠席しても同じ内容の振替授業を受けられることも多く、部活動が終わる時間が不規則な時や、他に習いごとをしていても自分だけの時間割が組めるので無理なく通えます。
個別指導塾ではサンドイッチ式と言われるやり方もあり、夏期講習や冬期講習の講習会になるときに使えるものです。
これは70分~80分を1コマとする授業を、午前中から夜まで都合が良いタイミングで入れて受講できます。
例えば午後1時に授業を入れて、午後3時から6時ぐらいまでは塾で自習し、午後7時からもう1つ授業をいれたりします。
かなりの勉強時間になるため慣れないと大変ですが、授業と自習で気持ちの切り替えが出来てその都度新鮮な気持ちで勉強が出来るメリットがあります。
意識が高い子どもだと受験学年でなくてもこのサンドイッチ式を活用したりします。
授業や自習どちらかで長く続いても、集中力が途切れやすいので子どもにあわせて自習時間を調整することでメリハリがある1日になります。