先生との相性が重要

先生との相性が重要

先生との相性が重要 個別指導塾を選ぶ際の選択基準としては、授業料・進学実績・通いやすさ・教室の雰囲気などが挙げられますが、中でも子供と先生の相性は非常に重要な要素になってきます。
特にマンツーマン指導を行う個別指導塾では、子供と先生の相性が良ければ受験が上手くいく可能性が高まりますし、逆に良くないといくら進学実績が豊かな塾であっても期待する効果を実感することはできません。相性が良い講師を見極めるポイントは、話し方や話の内容に自信を感じられるかどうかで、講師が自信なさげに話していると子供も不安になってしまいます。常日頃から自信を持って子供や保護者と接している講師であれば、子供も講師の言うことを聞きやすくなって勉強していくようにもなるので、今までの経験を持って自信のある話し方ができているかを見極めることは重要になってきます。
集団で授業を行う塾でも講師との相性は大切ですが、マンツーマンで授業を行う個別指導塾ではより講師との信頼関係が大事になってくるといえます。

個別指導塾を決める前に知っておきたい月謝の目安

個別指導塾を決める前に知っておきたい月謝の目安 完全にマンツーマンや講師1人に対して2名から3名など、少ない生徒数での学習指導が受けられる個別指導塾ですが、月謝に関しては利用前に気になるところです。
時間単価で考えたときに、集団クラスと比較すると高めの設定になっています。たくさんの生徒と一緒に学ぶ授業より、学費は3倍から6倍ほどが目安です。中には安さが売りの個別指導塾もありますが、巡回型指導で講師はアルバイトというパターンもあります。
個別指導塾の授業料相場としては、週に1回ペースで1時間から1時間半で考えるとき、中学生か高校生かでも若干の差があるのは否めません。中学生の週1の授業料の月謝として、11,000円から16,000円です。高校生の場合だともう少しアップして、相場料金は15,000円から20,000円くらいになります。受験対策コースで通うとなると、通常の授業スタイルよりも金額は上がりがちです。高めの授業料の設定ではあるものの、学習をそれぞれのペースで出来るのは効率的なやり方になります。